綜合

air asia 日本国内線の荷物の料金は?

投稿日:

LCCairasia エアアジアがついに国内線にも就航しました。

今のところ中部国際空港から札幌新千歳空港までの1路線のみですが

今後、路線と便数は増えていくでしょう。

 

airasiaのような格安航空会社、いわゆるLCCは料金は安いのですが、

注意点が一つあります。

荷物の料金が別途必要なことが多いのです。

えぇっ。こんなところでお金が必要になるの?

なんてことにならないよう、今回はエアアジア日本国内線の手荷物について書きます。

 

 

荷物は窓口で預ける「預け荷物(受託荷物とも呼ばれる)」と

飛行機内に持ち込む「手荷物」の二つがあります。

 

手荷物は無料のことが多いですが、預け荷物は有料です。

詳しくご説明いたします。

 

 

預け荷物は有料

 

預け荷物は荷物の重量によって金額が異なります。

 

・15kg 1200円

・20kg 1400円

・25kg 1900円

・30kg 2900円

・40kg 5300円

 

このように重量によって金額が決められています。

荷物の重さによって別途料金を支払わなければなりません。

 

予約時に、自分の荷物の重さに合わせて予約する必要があります。

搭乗日当日に空港窓口で預け荷物をお願いしたら割高になってしまいます。

なので、受託手荷物の事前予約をおすすめします。

 

ちなみに荷物の大きさは関係ありません。

ただ、大きさには限度がありますので、

範囲内に収める必要があります。

 

【預け荷物の大きさ】

・たて119cm

・よこ119cm

・奥行81cm

これを超えると預けることができません。

 

機内に持ち込むこともできません。

機内に持ち込める荷物の大きさは預け荷物の大きさよりも小さいからです。

 

機内に持ち込む手荷物

預け荷物のほかに機内に持ち込める荷物は「手荷物」と呼ばれています。

 

機内持ち込み手荷物は2つまでで、2つ合わせて合計7kgまでです。

1つしか持ち込まない場合は、1つの荷物で7kg以内でOKです。

 

手荷物は「大」と「小」に分かれます。

 

【手荷物 大】

たて56cm x 横36cm x 奥行23cm

これを超えないもので、飛行機内の座席の下もしくは

収納棚に収納できるもののみです。

 

 

【手荷物 小】

 

たて40cm x よこ30cm x 奥行10cm

これを超えないバックで座席の下に収納できるもの。

 

 

機内持ち込み手荷物でも収まらない場合や、もっと荷物がある場合は

追加料金を払い受託手荷物として預ける必要があります。

 

スポーツ用品荷物の場合

 

スポーツ用品受託手荷物は、

ゴルフバック、サーフボード、自転車、スキーボード、

スノーボード、クリケット、ダイビング用品

これらのことを言います。

 

【スポーツ用品荷物の料金】

 

・15kg 2100円

・20kg 2400円

・25kg 2900円

・30kg 3900円

・40kg 6200円

 

 

 

予約時に追加オプションを付けると預け荷物は無料になります。

 

追加オプションには以下の二つがあります。

 

・バリューパック

・スタンダードシート

バリューパック

 

バリューパックは料金に2150円追加で支払うと付けることができるオプションです。

バリューパックを追加すると20kgまでの受託手荷物が無料になります。

20kgまでなら預け荷物の料金はかかりません。

但し、スポーツ用品荷物は有料です。

 

プレミアムフレックス

 

プレミアムフレックスは料金に5000円追加で支払うと付けることが出来るオプションです。

プレミアムフレックスを追加すると20kgまでの受託手荷物が無料です。

 

 

 

このように予約画面でオプションを選べます。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-綜合

Copyright© 生活こむ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.