綜合 航空

ヘリコプターで遊覧飛行(日本)搭乗記 航空写真画像あり。

更新日:

私は趣味で遊覧飛行をしているのですが、
日本ではあまり遊覧飛行が出来るイメージが無いかと思います。

国内で飛行機を乗るのは、長距離の移動等で
大手航空会社の大型ジェット機に乗るのが一般的でしょう。

 

 

実は日本でセスナやヘリコプターで遊覧飛行をすることが出来ます。
東京、大阪、名古屋、神戸、広島で遊覧飛行が可能です。

遊覧飛行を行っているのは、各空港に事務所や事業所を持ち
遊覧飛行や操縦訓練、航空写真などを行っている航空会社です。
このような航空会社を使用事業会社と言うそうです。

聞いたことが無い航空会社が日本には多数存在します。

 

 

以前、遊覧飛行を行ったことがありますので、
航空写真と共にご紹介します。

 

 

遊覧飛行 搭乗記

私は岡山県の岡南飛行場で遊覧飛行してきました。

今回は個人所有のヘリコプターで遊覧飛行を行いました。

 

乗った機体はこれです。↓

 

ロビンソンヘリコプターのR22という機体です。

 

飛行訓練学校で多く採用されており、
パイロットの操縦訓練によく使われる機体です。

世界で4000機以上も売れているベストセラー機です。

 

まずは航空写真をどうぞ

 

下記は岡南飛行場です。

    ↓

 

 

JR岡山駅上空です。      岡山市上空です。
    

    ↓           ↓

 

倉敷市上空です。     着陸前の岡南飛行場です。

↓                  ↓

 

駐機場へ戻る途中です。
(ちなみに機体はまだ浮いてます。)

 

この日は天気も良く絶好のフライト日和でした。

時間を忘れて景色を眺めるのに夢中になってしまいました。

 

飛行機やヘリコプターなどに興味があるなら是非お勧めします。

 

今回利用の岡南飛行場について

今回利用した岡南飛行場についてです。

岡南飛行場は旧岡山空港で、
以前はANAが東京便、東亜国内航空(日本エアシステム)が
松山や宮崎などへ就航していました。

しかし、航空会社の機材が大型化に伴い滑走路の長さに限界があったため、
地形上滑走路の延長が困難であったため移転を余儀なくされました。

1988年に岡山市北区に岡山空港が新たに開港しました。

定期便は新岡山空港へ移り、旧岡山空港(現岡南飛行場)は
遊覧飛行や航空写真、操縦訓練などの使用事業に特化した空港
として運用されています。

現在は岡山県警察航空隊(ヘリコプター)、岡山市消防航空隊(ヘリコプタ―)
ローゼン航空、四国航空、岡山航空などが空港に事務所などの
施設を持って運用しています。

 

 

日本にはこのような使用事業に特化した空港がいくつも存在します。

このような空港では定期便が就航していないため、

離着陸が混雑しないので遊覧飛行などを行っている
使用事業会社が運用しています。

定期便が就航していても、遊覧飛行が可能な空港もあります。

北海道だと、女満別空港、丘珠空港、関西だと神戸空港、
九州だと佐賀空港、鹿児島空港、熊本空港などがあります。

 

遊覧飛行 値段(料金)はいくらなの?

 

遊覧飛行値段はセスナとヘリコプターで金額が大きくわかれます。

まず、セスナです。

 

セスナ 遊覧飛行の料金

 

1フライトあたり、

20分 約25,000円

40分 約50,000円

あくまで目安です。

 

ヘリコプター遊覧飛行の料金

1フライトあたり、

30分 約90,000円

60分 約180,000円

あくまで目安です。

 

いかがでしょうか?

あくまで目安ですので運行する使用事業会社によって
金額は異なります。

遊覧飛行の料金は決して安いとは言えないかもしれません。

空を飛びたいと思っている方や航空機などに興味がある方には
是非飛んでみるのも良いのではないでしょうか?

1一人で飛ぶと高いので、複数で飛ぶのも有りだと思います。

 

他にも写真がありますので載せてみました。

 

-綜合, 航空

Copyright© 生活こむ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.